Date

2017.11.29

Category

cssプログラミング日常

Tags

webページを一瞬でデプロイできるsurge.shが便利すぎる

surge.shとは

静的ホスティングサービスで、ウェブアプリケーションをホストすることが可能です。
surge.shはコマンドラインから離れること無く、簡単なコマンド一つでHTML,CSS,JSを無料でWEB上に公開することができます。

使ってみる

インストールはとても簡単でnpmでインストールすることができます。

npm install --global surge

そしてデプロイしたいプロジェクトのディレクトリで

surge

と打つだけで

Welcome to Surge! (surge.sh)
    Please login or create an account by entering your email and password:
    初回のみメールアドレスとパスワードを入力してアカウントを作成します。
              email: あなたのメールアドレス
           password: あなたのパスワード
       project path: /path/to/my-project/
               size: 30 files, 7.5 MB
             domain: your-domain.surge.sh
             upload: [====================] 100%, eta: 0.0s
   propagate on CDN: [====================] 100%
               plan: Free
              users: あなたのメールアドレス

    Success! Project is published and running at your-domain.surge.sh

で、デプロイが完了!

Deploy anything in six keystrokes

surge.shに書いてあるように、6回キーを押すだけでサーバーにデプロイできます。

プロジェクトを消してみる

必要亡くなったプロジェクトはコマンド一つでオフラインにすることができます。

surge teardown your-domain.surge.sh

ドメインを選べるよ

https://medium.com/surge-sh/make-something-of-your-ridiculous-domains-bb26fadeb93c
上記のページに書いてあるように、コマンド一つでフリーでドメインも指定できるらしいです。(ばかみたいなドメインも…)

共同開発もできるよ

surge --add

で開発者を追加することもできます。

ぜひ使ってみて

私はLPとかの先方への確認用にものすごく良いなぁと思いました。
超便利なのでぜひ使ってみてください!

HP : https://surge.sh
Document : https://surge.sh/help/getting-started-with-surge

RELATED POSTS

PROFILE

my icon

@reizou05
日本の高校生で趣味は筋トレ
tento.techという学生プログラマー集団の長をやっています。
WEB系のお仕事をください。

AD